コラム・豆知識

冬暖かく夏涼しい家ってホント?どうすればできるの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、第一伊藤建設です。
気温差が多い毎日ではありますが、季節が変わっているのを感じますね。みなさんのお住まいは快適でしょうか?

最近、住宅会社のホームページやチラシなどで見かける「冬暖かく夏涼しい家」というキャッチコピー。これって何?本当なの?と思う方が多いと思います。第一伊藤建設でも使っていますね(笑)よく見受けられるようになった理由を簡単に書かせていただきますと、家の気密・断熱・換気の仕組みが良くなったというワケなんです。

冬、家の中の熱が逃げたり、夏、家の中に熱がこもったりする要因は何なのか?どうしたそれを防げるのか?冬に住宅内部の熱が逃げたり、夏は熱が入ってきたりするルートは、窓からが圧倒的に高いのです。
対策は、まずは高性能サッシを採用すること。どれだけ壁の断熱材を厚くしたり、外張り断熱工法を採用したりしたとしても、サッシの性能が劣っていると意味がありません。
次に、年中、快適にすごせる住宅をつくっていくための方法です。これには順序があります。
⓵サッシ→②断熱→③気密→④換気
このバランスが良く、性能を保てていると、冬も夏も本当に快適に過ごせ、かつ省エネな住宅をつくることができるのです。

「冬も夏も本当に快適に過ごせ、かつ省エネな住宅」が求められるようになった背景についてもお話しますね。

みなさんは日本の住宅内死亡事故は交通事故死亡事故より圧倒的に多いのをご存じですか?住宅内死亡事故でもっとも多いのは「ヒートショック」です。「ヒートショック」とは、温度の急激な変化で血圧が上下に変動することなどが原因となり起こる健康被害の事です。失神や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞を起こすことがあります。入浴時に急激な血圧低下により失神し、溺れて死亡するケースは「ヒートショック」の典型的な例です。
このような観点からも高気密・高断熱住宅がもとめられ、「冬暖かく夏涼しい家」というキャッチコピーが見受けられるようになってきています。
あと世界中で言われています「地球温暖化対策」のための賢い選択としてCO2温室効果ガスを削減するためにも高気密・高断熱住宅の省エネ住宅が選ばれています。

第一伊藤建設では「冬暖かく夏涼しい家」をコンセプトに建築したモデルハウスが各地にあります。ぜひ、モデルハウスを見学して実際に体感してみてくださいね。

高性能サッシを営業マンが体験した動画はこちら
YKKapさんにやってきましたpart1

———————————————————

静岡県西部地域浜松・掛川の新築一戸建て注文住宅・建売住宅
第一伊藤建設
静岡県浜松市中区砂山町324-8 第一伊藤ビル8
0120-11-0519
https://www.daiichiito.co.jp/

——————————————————-

モデルハウスの来場予約はこちら
https://www.daiichiito.co.jp/modelhouse.php

インスタグラムはこちら 施工事例公開中!!
https://www.instagram.com/daiichiito.hamamatsu/

公式YouTube ↓
https://www.youtube.com/channel/UCGK-lhbK7mUV8RNgpVY2GzA

住宅のプロが作る土地情報サイト
『浜松・静岡 土地情報ナビ』はこちら!!
https://hamamatsu-shizuoka.tochijohonavi.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加