第一伊藤建設の想い

年始の挨拶:伊藤 卓見|浜松の工務店 第一伊藤建設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様、新年あけましておめでとうございます。第一伊藤建設の代表取締役・伊藤卓見です。

本年も宜しくお願い致します。

 

本年は様々な場面での際であり、大きな変化があり、変化に対応する力が必要となってきます。2020年には住宅業界ではゼロエネルギーハウスを50%以上の方々に建てて頂くなど行政対応が急務であり、その対応についていかなければなりません。また、少子高齢化、若年層の住宅建築と先を見ると本当に厳しい状況の始まりと言えます。ただ、この時代の変化に私達は柔軟に対応していかなければなりません。

 

また、本年設立50周年50期を迎えるにあたって、4年前から50期のあるべき姿はどうなのか?と思案と行動をしてきました。50期のあるべき姿とはこの地域に必要とされる会社、この地域に役立てる会社、この地域に恩恵をお返しできる会社、社員が生き生きと働ける会社であると考えています。

 

一昨年から始めた展示場でのカルチャースクールDear’s、マルシェの開催を通じてお客様、地域の皆様との距離を近める事、そしてラウンダーの社員による、お引き渡しさせて頂いたお客様との関わりをより深める事を続けていきたいと考えています。

 

もちろん通常の営業活動も街角展示場をつくり、皆様により分かりやすい状況をつくりインフォメーション活動をしっかりと行っていきたいと思います。「良縁づくり」の為に、「ご縁に気づく」「ご縁を大切にする」「ご縁を役立てる」「ご縁を広げる」この様な視点で一年間、出会いを楽しみ、正直に活動していきます。

 

また設立50周年と同時に創業83周年の「限定1棟830万円」新春キャンペーンも実施致します。そちらも併せてご覧頂けたら幸いです。

 

代表取締役 伊藤卓見

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。